プーの覚醒

就活シリーズ(↓過去記事はこちら)
今日から就活のことをかいてみる
これが私のダ面接
何を話すかより、どう話すか~そこそこマンの苦悩~
大切なことはすべて知恵袋が教えてくれた
実録!恐怖のエントリーシート
就活教による量産型就活生だった私
初めての東京上陸は就活でした
就活で出会ったやな奴たち
嫌いと言うのも優しさなのよ

4月が終わりに近づいても
一向に内定をもらえる気配が無かった。

せーので就活をして、
周りが次々と就活を終えていくなか
自分だけ行先が決まらない。

同様に就職先が決まらない友だちと
スピリチュアルな本を回し読む
という具合には血迷っていた。
5

決まらなければ
決まるまで応募し続けなければいけないことは分かっていたが、
残り1社となったとき、
新たにどこかの企業に応募する気力も薄れていた。
4
公務員試験を受けて管制官を目指すか、
プー太郎として世の中を味わうかどちらかだなと思った。
5

残り1社の面接を控えたある日、
何の用だったかは忘れたが
大学の就職支援室に行った私。
そこには卒業生たちの就活の記録があった。
10

どこの企業に内定し、
どんな面接を通過してきたのか。

私は面接に対する努力は怠るくせに、
こういった情報には週刊誌のゴシップ記事ばりに興味を示すので、
嬉々として読み進めた。

ページをめくると
とある超大手メーカーに内定した卒業生が
こんなアドバイスを残していた。
8
こんな出来る人でも
自分と同じように、
自己アピールを恥ずかしいと思う感覚を持っていたことに
嬉しくなったと同時に、
9
トランス状態・・・・!
その言葉が強く私の頭に残った。

迎えた面接の日。

トランス状態になるために自己暗示をかけてみた。
4
5
覚醒した私は、
開き直りとやけくそ感からか
いつもより元気よく面接に出かけて行った。
6

~to be continued~

4

採用HPの社員紹介のページ読むの楽しい
9

続く→私話す人、あなた聞く人
**********************************************
とりあえず退社時間はチェックしてたよね→@yuru_OL

スポンサーリンク
レク大
レク大

シェアする

twitter
スポンサーリンク
レク大