自分の心を大切にする。

30代40代になるとみんなこういうの言い出すよな〜と昔思ってたこと、31の自分も完全同意で主張したくなる。笑

 

自分の心が幸せになれる行動をする。

以前までの私、人と会う予定は絶対で、最も予定らしい予定だ!と思ってたのだけど…

 

なんか改めて、

「人と会って何か食べながら話す」という予定がすべからく崇高か?と疑問が湧いてきだした。

どちらかというと私は家でKindle読んでる時間の方が好きでは?

 

 

「休日に1人で存分にだらだらする」という予定をちゃんと優先できるようになった。

 

 

みんなが行く流れの二次会、以前までは帰りにくかったり、行けば何か面白い話ができるかも!という淡い期待でズルズル行ってしまうことがほとんどだったけど、

最近は「じゃ!」とひとり帰ることがある。

(一軒目はだいたい2時間くらいだけど二次会って終わりがなくて帰るタイミング失って辛い…そして重要なことはだいたい一軒目で話終わってる)

 

 

家でダラダラ過ごすことも立派な予定、と認識することができた。

 

 

 

backnumberの歌にあるこの歌詞

「心は誰にも見えないのだから

見えるものよりも大事にするといい」

 

気持ちをピタリと言い当てられていて、刺さった…

 

 

 

私はこれから、もっともっと自分の心を大事にする人生に舵を切ろうと思う。

 

つらいなあしんどいなあと、そう感じている心を無視すると、ゆっくりと死んでいく。

 

人生は結果のために生きているのではなく、プロセスを味わうものなので。

今、幸せな心で生きれることをいつでも一番大事にしたい。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
レク大
レク大

シェアする

twitter
スポンサーリンク
レク大

コメント

  1. フレン より:

    しんどいとか辛いとか自分の心が疲れてる感情はけっこー気付きにくいですよね、ましてや他の人が頑張ってる分、これぐらいじゃ音をあげられないとどんどん無理して頑張って気づくと5km後方に自分の心がポツンといるとかよくあります
    自分の心を大切にするのはすぐ忘れる分常に気をつけたいですよね